包茎の症状と手術

banner

早漏の要因


「包茎即ち早漏」という印象は完全に浸透しています。
間違いなく包茎の人は早漏だと思いますか?
実際にはそうとも言えないのです。
早漏の要因は医学的には解き明かされていない面なのですが、包茎の状態であるからといって射精が早いとも断言できない面も存在するのです。
【包茎の人が早漏とされる背景】
亀頭が皮膚に包まれていると、日頃インナーウェアなどと摩擦し合うことはありません。
したがって、外側からの刺激に慣れておらず早くオーガズムに至ってしまう。
というのが「包茎即ち早漏」という理論の見解です。
確かに生殖器の感覚が鋭敏なのか遅鈍なのか、という部分は「絶頂」のが早いのか否かに結び付いてくるというのは論理性があります。
【包茎を改善したら早漏が解消する?】
包茎の施術の宣伝広告などには、「包茎の外科的治療を受ければ早漏が解消する」というようなキャッチコピーも記述されています。
亀頭が剥き出しになる事で、徐々に刺激に馴染んで持続性が身に付くという考え方だと思います。
ですが医学会では、包茎と性的な持続性とは結び付かないという意見も牢固として論述されています。
包茎の施術を受けたら間違いなく早漏が解消されるとは断定できないのです。
【感覚が弱くなる即ち早漏解消?】
亀頭の部位を包んでいる皮膚(包皮)の内部には、「マイスナー小体」という感覚を司る神経組織が通っていることが突き止められています。
これは、性的興奮を惹起する快感に結び付く神経ではないかと捉えられています。
外科的治療のタイプによっては、包皮の内側を切り取ります。
これによって「感覚が弱くなった」と主張している方も数多く現存しています。
セックスの際の恍惚が減少してしまうという事は、オーガズムに至りにくくなるという事です。
これを視野狭窄的に看做すと、確かに「早漏が解消した」と言い表すことも可能だと思います。
ですがこれは間違いなく「解消」と定義する事が可能だと思いますか?
恍惚が少なくなってしまった事で、動作が無意識の内に猛烈になり女の人の生殖器にダメージを与えてしまったという事例も伝えられています。
【早漏は心因性の因子が結び付いている】
近頃では、早漏は心因性の要因が多大に結び付いていると予想されています。
外側からの刺激や馴染みなどはそれほど繋がりを持たない可能性も存在するのです。
「だったら包茎の施術は受けなくても大丈夫か…」と考える人もいると思います。
そうであるとも言えないのです。
包茎を改善したいと思っている人は、包茎に劣等感を抱いている人が少なくないみたいです。
自分に自負心を抱けず、これが要因となって早漏の状態になっている恐れもあります。
こういった人は、包茎を改善することでセクシャルな自負心を回復し、早漏を解消できる可能性があります。

毎日の手入れが重要


包茎と聞くと、「不潔」「見苦しい」「悪臭を放つ」という印象が抱かれています。
間違いなくそうだと思いますか?
包茎の状態の場合でも、しっかりと洗浄すれば清潔な有り様を維持することが可能です。
毎日の手入れが重要なのです。
【何故、不潔なのか】
包茎は、亀頭が皮膚に覆われている有り様の事です。
皮膚の内部は、日頃は剥き出しになっていないため垢が蓄積してしまいます。
これは恥垢(ちこう)と言われていますね。
恥垢は代謝によって排出された老廃物が溜まったものです。
長い期間に亘って放ってしまえば、腐敗したような悪臭を放ちます。
チーズのような臭いと定義されますよね。
尿道の付近という事もあり、細菌なども伏在しています。
発赤の要因になる場合もあります。
後天性免疫不全症候群などの濾過性病原体の苗床になっているという見解もされています。
「包茎の状態である方は恥垢が蓄積しやすい⇒非衛生的」という図式なのです。
包茎そのものが不潔なのではなく、恥垢が駄目なのですね。
【衛生的にする為に】
そのため、包茎の状態である人の場合でも、恥垢を日々洗浄していれば衛生的に維持することが可能です。
亀頭と皮膚の間に接合が生じていない仮性包茎の人の場合には、容易に洗浄することが可能な筈です。
詳しくは、入浴時に皮膚を反転してお湯・石鹸などで洗い落とします。
洗浄する際の物質抵抗に我慢することが不可能…という人。
何としても、日々の入浴の時間を用いて外側からの刺激に馴染んでおくようにしてください。
このように努める事で、早漏を解消する作用も見込めます。
ついでに言うと完全露出の人でも、垢は蓄積します。
これを放っておくとやっぱり悪臭を放ちます。
ケアを行なっている包茎よりも、ケアを行なっていない非包茎の方が不潔なのです。
【洗浄できない人】
厄介なのは、恥垢を除去することが不可能な真性包茎の人です。
仮性包茎の人でも、皮膚の入り口(包皮口)が狭隘なケースでは奥まで洗浄することが不可能だと思います。
力ずくで皮膚を反転してしまえば、皮膚が元に戻らなくなってカントン包茎の状態になってしまう場合もあります。
こういったケースでも、出来るだけ洗浄するように努めるのがセオリーです。
ですが、どうしても制約を受けます。
奥まで洗浄することが不可能であるため非衛生的になってしまうのですね。
こういった人は、包茎の施術が不可欠です。
真性包茎などで発赤がしばしば発生する・セックスの際に疼痛が起こる等のケースでは、健康保険を使うことが出来ます。
1万円から3万円くらいで外科的治療を受けることが可能であるため、一先ず病院に話し合いに赴いてみるようにしてください。

http://www.mens-chuoh.com/
包茎手術やAGA治療など男性の悩みを専門医が解決|中央クリニック

http://ksc-m.com/index.html
包茎の治療・手術は福岡の小倉スキンケアクリニック

http://pc.hillsclinic.jp/
包茎手術のことならヒルズタワークリニックで相談をする

Copyright(c) 2013 包茎の症状と手術 All Rights Reserved.